青汁の季節がやってきました

夏です、暑いです、食欲も落ちます、栄養不足で夏ばての心配も出てくる季節です。しかもこの頃の暑さは、ちょっと異常です、脱水症状に熱中症も心配しなくちゃなりません。
なので、青汁で免疫力上げて、栄養も水分も補給してしまおう、とかずるいことを考えてしまう私です。

 

この何年か、やたら気温は上がり、ゲリラ豪雨とかの天候の異変も多く、野菜の値段も上がってくるのも、この時期です。
お財布が辛いのは事実ですし、「食欲も無いし、止めとくか。調理する気力も無い」とか思ってしまう。基本食欲に関しては人後に落ちない私でも、ついそう考えちゃう(年のせいもあるでしょう)この頃の夏なのです。
で、青汁の出番です。昨年から青汁が、助っ人に入ってくれてます。食欲が無くても、飲み物は飲めるので、ジュースの代わりに青汁。正直ジュース買ってくるより安いこともあるんです、内緒ですがネットなどで探すと結構そう言うのがあります。
出来れば冷たいのをゴクっと行きたい所ですが、あまり冷やすのも身体に良くないので、ちょっと我慢でそのまま水で溶かして飲む。給水も出来て、栄養補給も出来て、一石二鳥。出来れば最低限の野菜、もしくは野菜の代替になる栄養は摂っておきたいですよね。

 

でも時々、それも面倒になることもあるので、勿論錠剤の青汁も常備です。夜などに、「今日はあまり食べて無いし、野菜も摂れてない。寝る前に補給しておこう」って感じで、サプリみたいな感じで飲めます。いやこれなら、夜中に食べたり飲んだりで太るかも、何て心配も要りませんので。
青汁は本当に、昔に比べて美味しくなりましたし。私自身はあの青っぽさが結構好きなんですが、どうしてもそれが駄目って言う方には、錠剤がお勧めですね。

 

夏場は、ダイエットとか意識して無くても、強制的にダイエットさせられちゃいます。思うに、ダイエットの時にサプリ飲むって、要は食べられなかった分の栄養補給に飲んでるわけですよね。私の場合強制的な暑さ負けダイエットなので、完全に補給が目的です。ダイエット中の方の青汁摂取も、栄養補給のためと考えるのがいいでしょう、青汁飲めば痩せられると言うのは早計かもです。なのでダイエットに利用するなら、甘みは加えない方が勿論よろしいかと、逆効果になってしまいます。
とか考えてくると、ダイエット中の栄養補給に青汁利用するなら、これも錠剤の方がよろしいかもしれませんね。

 

何にせよ夏場の強い味方になってくれてる青汁、そろそろ買い足さなくては常備品が寂しくなってきました。
参考>【1か月!】青汁ダイエット入門